ミスターSの本棚

高学歴ワーキングプア  水月昭道  光文社新書

(ミスターSです)


副題は「フリーター生産工場」としての大学院

次の実態を見てどう思われるだろうか。

現在、大学院博士課程を修了した人の就職率は50%
「博士」と呼ばれる人たちで正規雇用にない人(フリーター)の数は12000人以上。
その数倍の規模で存在するオーバードクター(博士課程に3年以上在籍し、博士号を得てない人)

いわば日本の学歴社会の頂点を極めた人たちの姿である。

なぜこんな事態が起きているのか。

文部科学省の主導によって「大学院重点化計画」が平成3年にスタートした。
平成3年は日本社会に「少子化」の兆しがはっきり見え始めたときである。

18歳人口の急激な縮小という経験したことのないメガトレンドに直面した。
需要と供給のギャップが拡大したのだから当然の結果である。

コンンビニで働く博士たちのレポートも生々しい。
塾講師、非常勤講師、肉体労働、ウエイトレス、パチプロになっている人も多い。
博士号もとれずに大学院で勉学を続けている人もざらにいるという。

学生の問題だけではない。
大学とそこで働く先生の実態も明らかにしている。

では大学院は無用の長物か。

大学院生は長い年月と莫大なお金を費やしている。
就職したくないから漠然と大学院に進んだ人には現実は厳しいだろう。

しかし、明確な研究目的を心に刻んで勉学に励む人には道は開けると思う。
これからの社会は高度な知識を必要としている。
これに応えるのが博士であって欲しい。


7ns_31963465[1]

この記事に対するコメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2011/12/23 10:34】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://mrbookshelf.blog15.fc2.com/tb.php/182-b8d5492e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

ミスターS

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示