ミスターSの本棚

経済学的思考のすすめ   岩田規久男  筑摩選書

(ミスターSです)

シロウト経済学は花盛り。

書店には経済学の専門家ではないシロウト経済学者、にわか経済学者の書いた本で並んでいる。
なるほど現在日本の問題点を指摘し、経済の処方箋を展開している。

シロウトからみると「なるほどな」と思う指摘も多い。斬る姿は小気味いい。
しかし、そんな簡単なものだろうかとの疑問もわく。

著者の岩田氏は経済学の専門家である。
「シロウト経済学」の代表として辛坊治朗・辛坊正記『日本経済の真実-ある日この国は破産します』
(幻灯舎)を取り上げている。
経済学の専門家からみた間違いを指摘しているのが本書である。

辛坊治朗氏は日本テレビの解説委員長であり、ニュースキャスターとしてテレビの露出も多い。
「シロウト経済学者」が世論を誘導すると思うと恐ろしい。

著者の経済学的思考法は「演繹法」にある。
演繹法とは「AであればBである」と言う論理的推論である。
仮定が正しく推論が間違っていなければ結論は正しく導かれる。

それに対して「帰納法」がある。
帰納法は同じことが何回も起きることから結論を導くのであり、必ずしも真ではない。
つまり、数多い経済現象から結論を導くのだ。
「シロウト経済学」がよりどころにする思考法であるが、間違いの原因でもあるという。

「日本国の借金」について辛坊本の見解についても反論する。
日本の借金を、所得がないため。借金の返済のあてのない家計にたとえて議論している。

しかし、このたとえ話では、家計の借金は借金した家計が返済しなければならないが、
国の借金は借金した国が返済するのではなく国が国民から税金を取って返済すると言う点で、
家計の借金とは異なると指摘する。

もさらに、辛坊本はユニクロのような企業は日本経済にとって大きな問題だという。
ユニクロが海外で安く生産して日本で売りさばくことを「経済学的に」問題視している。
辛坊氏は経済の仕組みさえを理解していないことをさらしている。

国債累積は国債の暴落を招くかの問いに対し著者はいう。

日本の名目成長率が4%まで上昇すると、国債の名目金利も4%近くまで上昇すると考えられる。
これは国債価格が18%下落することを意味している。

5%の成長で23%も下落する。
この程度の下落は暴落とは言わない。

日本がデフレから脱却して主要国並の4~5%の名目成長率になれば日本が破綻することになってしまう。
むしろ事態はまったく別で、日本経済はようやく暗い闇から脱出できるレベルになる。

「シロウト経済学」は簡単明瞭だ。しかも説得力があるように見えて一般受けもする。
しかし、大きな誤りも内在している。
経済学的思考法の大切さを教えてくれる本である。


cau1books_9784480015129[1]

スポンサーサイト

加害者家族  鈴木伸元  幻冬舎新書

(ミスターSです)

「なぜ被害者より加害者を助けるのか」
以前書評を書いた本である。

日本の法律(憲法、刑事訴訟法)は加害者の人権を保護している。
一方、被害者の人権は踏みにじられるという」理不尽が罷り通っていることを訴えた本である。

一転、本書は「犯罪加害者」を取り上げた本だ。とりわけ「犯罪者の家族」にスポットを当てている。

犯罪被害者の直面する「理不尽極まりない現実」と同様「犯罪加害者が直面する「世間の仕打ち」も
あまり知られていない。
犯罪被害者も加害者も当事者しか分からない苦悩があることを教えてくれる。

突然かかってきた警察からの電話から話が始まる。
自分の夫が殺人を犯したのだ。

マスコミで報道される。自宅を取り巻くテレビ局の報道車。
マスコミの取材で近所には大変な迷惑がかかり、住民は怒り狂う。

妻の携帯電話にいたずら電話が頻繁にかかる『人殺し!!』
自宅の壁にはスプレーで『人殺しの家』と書きなぐられる。

子供は転向を余儀なくされる。
犯罪を犯したのは夫であるが、妻も子供も親類も同罪にみられ仕打ちを受ける。
これが実体である。

昨今ではインターネットでの攻撃もエスカレートしている。
本書には犯罪加害者の事例が多く取り上げられている。
自殺に追いやられた加害者家族も多い。

これらの背景には日本特有の「村社会」があるとの指摘もある。
アメリカ社会での加害者家族の実態はどうか。

高校での銃乱射事件があった際、加害者の実名や写真が報道された。
加害者の母親にはアメリカ全土から手紙や電話が殺到したと。

その中身は加害者少年の家族を励ますものばかりであったという。
日本社会とは正反対の反応である。

社会で起きる犯罪に対しては、さまざまな方面から学問的な研究がされている。
誰もが犯罪被害者になる可能性があり、同時に犯罪者や犯罪加害者家族に
なる可能性がないとは言えない。

著者が「あとがき」で次のように言っている。
加害者家族が辿ることになる悲劇は、そもそもすべて加害者が
引き起こした犯罪が原因である。

事件後、自分の家族に降りかかるであろうさまざまな苦しみを想像することが
できれば、その人は犯罪を犯さずにとどまるかもしれない。

cau1books_9784344981942[1]




地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

ミスターS

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示