ミスターSの本棚

会計力養成講座   田中 靖浩   かんき出版

(ミスターSです)


「会計」は数字の塊である。
数字アレルギーのひとも多い。

しかし、企業の業績はすべて数字で示される。
損益計算書(P/L),貸借対照法(B/S)、キャッシュフロー計算書がある。
これらを理解するために会計学の教科書で勉強してもなかなか身につかない。

会計学を志す学生はともかく、一般のビジネスパーソンには向いていない。
数字の羅列にうんざりして興味を失う結果になる。

著者は本書のはじめに『なぜ経理は会社で嫌われるのか?』で
その理由を指摘している。

数字の勉強には「作る・読む・活かす」という3つがある。
決算書を作るのが経理の仕事だ。

経理以外の一般的なビジネスパーソンにとって、学ぶべきは「作る」ではなく
「読む・活かす」この2つをマスターすることが大事だといっている。

数字を作るうえでは「経理は数字に強い」といえるが、数字を読む・活かす点では強いとはいえない。
経理的な数字の強さと、経営者的な数字の強さは別モノである

経理や会計士・税理士は「過去」を処理する技術屋で、経営者は未来を開く人である。
ここに数字の見方の根本的な違いがある。


それでは、どうしたら会社の数字に明るくなることができるだろうか?
数字を読む上で大切なのは「知識」と「想像力」であるという。

回転寿司の「かっぱ寿司」やコーヒーショップの「スターバックス」の
原価はどれくらいだろうか?
「サイゼリア」の料理も安いが、原価率はいくらだろうか?
「ドリンクバー」は儲かるのか?

この会社はどのくらい借金があるのか?またどのくらいの蓄えがあるのか?
また、同業他社と比べて何が優れているのだろうか?
積極的に設備投資をしているか?などすべてが決算書に記されている。

決算書の仕組みを知り理解すること(知識)と疑問と仮説(想像力)がポイントである。

「問題意識」と「想像力」をもって決算書を眺めると無味乾燥と思っていた数字が実に楽しいものになる。
経営者マインドから眺めた数字になる。管理会計のおもしろさである。


image[3]


スポンサーサイト

脳トレ神話にだまされるな  高田明和  角川書店

(ミスターSです)


『最近物忘れが激しくなった』
思い当たる人は多いいと思う。

年を重ねれば、若いときと違って記憶力は低下する。
若年性のアルツハイマー病を特集したテレビ番組も多くなった。

記憶力の低下に恐怖を抱くようになる。
そこで何とか記憶力、脳の働きを良くする方法はないかと思う。

『脳の働き』を取り上げたテレビ番組も多くなった。
いわゆる『脳トレブーム』が始まった。
脳科学者が、脳の働きに関する実験をする。

PET(陽電子断層撮影法)やMRI(核磁気共鳴画像)で脳の働きを
画像で調べられるようになった。

被験者がある作業をすると、脳の一部の血流が増大することも容易 T
に分かるようになる。

視聴者は、この部位が活性化されて脳が良くなったと思ってしまう。
しかし、著者は異を唱える。

脳は活性化しているわけではなく、脳がブドウ糖を取り込んでいるに過ぎない。
英語が出来ない人が必死に英語を学ぼうとすると脳の言語中枢の活動は活発になる。
しかし、英語が良くできるようになると脳の”活動”は低下する。

「MRIでの変化」と「脳の活性化」とは関係がないという。
これが「脳トレブーム」.の落とし穴でもある。

また、著者はこのようなことも言っている。
脳トレは老いの摂理に反している。
忘れることは悪いことではない。
人生、いやな思い出も多い。忘れることも生きる知恵である。

右脳、左脳についても言及している。

右脳を訓練して社会的に成功するのどまったく根拠がないそうだ。
それどころか、うつ病と右脳の活動亢進は密接な関係があるという。
一般的に言われている右脳人間、左脳人間などにわける危険性を指摘する。

我々は、頭を鍛えるには何をしたら良いのだろうか。

本当の脳トレは毎日の日常生活にあるという。
わざわざ「脳トレ」をする必要などない。
著者は脳を鍛えるための三つの習慣を勧めている。

1、運動
2、刺激のある環境で生活をする。
3、頭を使うこと。

また、正しい呼吸も脳の活性化を促進する。

うれしいことに脳細胞は高齢になっても増えることは明らかになっている。

本書には高齢化社会を生きる知恵がたくさんある。

cau1books_9784047101890[1]


高学歴ワーキングプア  水月昭道  光文社新書

(ミスターSです)


副題は「フリーター生産工場」としての大学院

次の実態を見てどう思われるだろうか。

現在、大学院博士課程を修了した人の就職率は50%
「博士」と呼ばれる人たちで正規雇用にない人(フリーター)の数は12000人以上。
その数倍の規模で存在するオーバードクター(博士課程に3年以上在籍し、博士号を得てない人)

いわば日本の学歴社会の頂点を極めた人たちの姿である。

なぜこんな事態が起きているのか。

文部科学省の主導によって「大学院重点化計画」が平成3年にスタートした。
平成3年は日本社会に「少子化」の兆しがはっきり見え始めたときである。

18歳人口の急激な縮小という経験したことのないメガトレンドに直面した。
需要と供給のギャップが拡大したのだから当然の結果である。

コンンビニで働く博士たちのレポートも生々しい。
塾講師、非常勤講師、肉体労働、ウエイトレス、パチプロになっている人も多い。
博士号もとれずに大学院で勉学を続けている人もざらにいるという。

学生の問題だけではない。
大学とそこで働く先生の実態も明らかにしている。

では大学院は無用の長物か。

大学院生は長い年月と莫大なお金を費やしている。
就職したくないから漠然と大学院に進んだ人には現実は厳しいだろう。

しかし、明確な研究目的を心に刻んで勉学に励む人には道は開けると思う。
これからの社会は高度な知識を必要としている。
これに応えるのが博士であって欲しい。


7ns_31963465[1]


地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

ミスターS

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示