ミスターSの本棚

原子炉 時限爆弾    広瀬 隆  ダイヤモンド社

(ミスターSです)


この書評は昨年11月14日に書いている。

年が明けて2011年3月11日に東日本を巨大地震と巨大津波が襲った。

未曾有の大惨事に日本中、世界中の人々が心を痛めている。

不幸なことに原発の悪夢のシナリオも的中してしまった。

震災にあわれた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

ここにもう一度載せます。

じっくり読んでいただきたい。


副題は「大地震におびえる日本列島」

物騒なタイトルである。
「原子炉」と「時限爆弾」

想像力のある読者であれば直感的に理解するだろう。
近い将来、間違いなくなく起きる巨大地震によって原子力発電所が崩壊することを。
何十万単位の死者が発生し、放射能で汚染され、日本国は滅亡してしまう。

阪神淡路大地震の映像を覚えているだろうか。
高速道路が横倒しになった無残な姿である。

「日本の高速道路は巨大地震にも耐えられるように設計されている」
とよく言われた。何の根拠もない理屈であることが明らかになった。
大自然の力は、人知を超えるのだ。侮ってはいけない。

「大地震が来ても原発は大丈夫だろうか」の問いかけに同じ答えが返ってくる。
「日本の原発は大地震に耐えられるように設計されている」
根拠のないデタラメがまかり通る。

国民は「お上」、あるいは権威のある学者が言うと信じてしまう。
悪夢から目をそらし、明るい未来を信じるのは人情かもしれない。
本書は、過去の事故の検証と、緻密に調べた科学的なデータで「原発の悪夢の真実」に迫る。


「東海大地震がいつ起こってもおかしくない」といわれてから34年が経つ。
想定されるマグニチュードは8.0で阪神淡路大地震の11倍の破壊力がある。
大地震の根拠は「プレート運動」である。

太平洋にある四つのプレートがひしめき合って、押し合いしている中心が御前崎にある。
プレートが強引に引きずり込まれ、歪みが限界に達するハネ上がる。ここが震源地だ。
この上に建設されているのが中部電力「浜岡原子力発電所」である。

危険な立地は浜岡原発だけだはない。
日本の原発は活断層の上にある。なぜなら、日本には無数といわれる活断層があるからである。

浜岡原発の悪夢のシナリオ

①原子炉が破壊され高温の水蒸気が爆発状態で噴出する。
②冷却装置も破壊され、メルトダウン寸前の事態になる。
③コンピュータが破壊され作動するはずの安全装置が全くダメになる。
④巨大津波が繰り返し襲う。
⑤原子炉が次々に吹き飛び、大量の放射能が拡散する。
⑥放射能雲は首都圏、中部経済圏に到達する。
⑦日本のすべての原発が停止する。
⑧電話回線がパンクし、金融機関の決済も不能になる。
⑨海外の円相場は大暴落し、円売りに歯止めがかからなくなる。
⑩日本全土は放射能に汚染され、日本が今まで築いてきたものが一瞬にして崩れ去る。

これ以上に悲惨な状況が到来するだろう。

一方、「高レベル放射性廃棄物」の処理もごまかしの連続である
毎年大量に蓄積されている、どうするつもりなのか。

民主党政権は「クリーンエネルギー」として「原発」を推進している。
「温室効果ガス」削減のためだ。最大の支持団体の連合が容認している。
いかに短絡的な思考回路か分かるであろう。

安全というならば、国会議事堂の横に建設したらどうか。

先生方には、是非本書を読んで欲しい。
我々、市民も目覚めなくてはいけない。
報道機関は、真実の報道をして欲しい。

7ns_32471409[1]



スポンサーサイト

テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌


地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

ミスターS

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示