ミスターSの本棚

脳トレ神話にだまされるな  高田明和  角川書店

(ミスターSです)


『最近物忘れが激しくなった』
思い当たる人は多いいと思う。

年を重ねれば、若いときと違って記憶力は低下する。
若年性のアルツハイマー病を特集したテレビ番組も多くなった。

記憶力の低下に恐怖を抱くようになる。
そこで何とか記憶力、脳の働きを良くする方法はないかと思う。

『脳の働き』を取り上げたテレビ番組も多くなった。
いわゆる『脳トレブーム』が始まった。
脳科学者が、脳の働きに関する実験をする。

PET(陽電子断層撮影法)やMRI(核磁気共鳴画像)で脳の働きを
画像で調べられるようになった。

被験者がある作業をすると、脳の一部の血流が増大することも容易 T
に分かるようになる。

視聴者は、この部位が活性化されて脳が良くなったと思ってしまう。
しかし、著者は異を唱える。

脳は活性化しているわけではなく、脳がブドウ糖を取り込んでいるに過ぎない。
英語が出来ない人が必死に英語を学ぼうとすると脳の言語中枢の活動は活発になる。
しかし、英語が良くできるようになると脳の”活動”は低下する。

「MRIでの変化」と「脳の活性化」とは関係がないという。
これが「脳トレブーム」.の落とし穴でもある。

また、著者はこのようなことも言っている。
脳トレは老いの摂理に反している。
忘れることは悪いことではない。
人生、いやな思い出も多い。忘れることも生きる知恵である。

右脳、左脳についても言及している。

右脳を訓練して社会的に成功するのどまったく根拠がないそうだ。
それどころか、うつ病と右脳の活動亢進は密接な関係があるという。
一般的に言われている右脳人間、左脳人間などにわける危険性を指摘する。

我々は、頭を鍛えるには何をしたら良いのだろうか。

本当の脳トレは毎日の日常生活にあるという。
わざわざ「脳トレ」をする必要などない。
著者は脳を鍛えるための三つの習慣を勧めている。

1、運動
2、刺激のある環境で生活をする。
3、頭を使うこと。

また、正しい呼吸も脳の活性化を促進する。

うれしいことに脳細胞は高齢になっても増えることは明らかになっている。

本書には高齢化社会を生きる知恵がたくさんある。

cau1books_9784047101890[1]


スポンサーサイト

希望の免疫学   安保 徹   花伝社

(ミスターSです)

副題は「免疫力でガンと戦う」

自分がガンになったとしよう。
病院で受ける治療は決まっている。
手術・抗がん剤・放射線の3点セットである。
今ではガン治療の常識になっている。

しかし、この治療には大きな副作用がある。

副作用で命をなくした患者は、数知れない。
健康な人間でも1日で何千個ものガン裁縫が生まれていることは知られている。
だからといって、皆がガンになるわけではない。

人間には「免疫力」が備わっているからである。
ナチュラル・キラー細胞があってがん細胞を食べてしまうのだ。

現代社会に住む我々の環境を考えてみよう。

ストレスに溢れている。
環境・人間関係・職場・家庭等でとても大きなストレスを抱えている人は多い。
「自分は大きなストレスに直面している」と感じるのはまだいいほうで
大きなストレス下にあるにもかかわらず、麻痺している人も多い。

ストレスは万病の元、ガンの原因である。

我々には、自律神経が備わっている。
交感神経と副交感神経である。
ストレスはこのバランスを破壊してしまう。

バランスを崩す原因は主に「働き過ぎ」と「頑張り過ぎ」にあると断言している。
安保先生は人間の身体と心の接点は「自律神経と免疫力」であるという。

健康になるためには、からだ全体をたばねるシステムを学べ必要がある。
そのキーワードが、自律神経、白血球、体温、エネルギー生成系である。

長年、医学に携わり、現代医学を豊富な臨床から批判する姿は説得力がある。
薬漬け、検査漬けの医療から見えてこない人間の「命の働き」に立脚した
人間的な医療が見えてくる。


cau1books_9784763405593[1]

# 希望の免疫学   安保 徹   花伝社


インフルエンザワクチンは打たないで  母里啓子  双葉社

(ミスターSです)

インフルエンザに感染する人が急増している。
対策として思いつくのはワクチンである。
大方の日本人はそう思っている。

だが著者はきっぱり言う。『ワクチンはうつな』
著者は元国立公衆衛生院疫学部感染室長を歴任したウイルス学者である。

読者にこう問いかける。

『インフルエンザワクチンを打っても、抗体はのどや鼻にはできないからウイルスの感染を防げないこと、
他人へうつすことも防げないこと、インフルエンザ脳症はインフルエンザとは無関係である。
副作用で苦しんでいる人がいることを知っているだろうか』

我々素人にとっては驚くべきことではあるが、ワクチンやウイルスの専門家の
誰もが認めている事実であるという。
ワクチンを打ったから軽症ですんだという話も聞くが何の根拠もないそうだ。

知人が39度の発熱をし、近所の医院で』見てもらったが、案の定インフルエンザであった。
そのときの先生の言葉が印象に残っているという。

『インフルエンザなんてたいしたことはない。4~5日で抗体ができてすぐに回復する。
放っていても自然に治る』

のんびりした先生だなと知人は思ったそうが、正しいことを言っていたのだ。
むしろワクチンによる副作用を心配すべきなのだ。

では、なぜワクチン接種の『啓蒙活動』が行われているのか。

1962年から小中学生へのワクチン接種が始まり1976年には義務化される。
ワクチン接種を義務化したのにもかかわらず、インフルエンザにかかる子どもは減らない。

とうとう1994年には義務化から外れた。
効果がないことを認めたに等しい。

困ったのは製薬メーカーである。
過剰生産されたワクチンを処理するために新たに乳幼児、高齢者がターゲットになった。

医者にとってもインフルエンザワクチンはいい商売になる。
製薬メーカー・厚労省・医者の三位一体ビジネスモデルが浮かび上がる。
『啓蒙活動』はこのビジネスモデルを維持拡大するのが目的である。

私は、以前に取り上げた『なぜうつ病の人が増えたのか』という本を思い出した。
抗ウツ剤の新薬の登場がウツ病患者をつくりりだす巧妙なビジネスモデルのことである。
『もっともらしい話』には裏があることを教えてくれる。

著者は『医師も研究者もマスコミもしっかりして欲しい』と訴えている。
専門家や報道機関は、真実を伝える義務がある。


インフルエンザ・ワクチンは打たないで! [単行本]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

長寿遺伝子を鍛える   坪田一男  新潮社

(ミスターSです)

命のあるものは、やがて老い、そして死を迎える。
人間も例外ではない。

なぜ老いて死んでしまうのか。
そうなる運命になっているからしょうがないと思う人は多い。

だがあきらめるにはまだ早い。
長寿遺伝子」が発見されているのだ。

著者の職業は眼科医である。
年をとると、眼の不調に悩まされる。
老化は真っ先に眼に現れる。

目を良くすることで人生が明るくなり
前向きになる人を何人も見てきたそうだ。
眼科医が「アンチエイジング」に取り組むきっかけになった。

「長寿遺伝子」が発見されたのは2000年である。
発見者はアメリカ分子生物学者レオナルド・ギャランテ博士である。
サーチュイン遺伝子」という。

「長寿遺伝子」をONにする方法はあるだろうか。

カロリー制限をすることだ。
これだけで長寿遺伝子のスイッチがONになることが証明された。
摂取カロリーを70%に抑えるだけ「長寿遺伝子」が活性化されることを明らかになった。

こんな簡単なことを実行するだけで、老化を遅らせ長生きできる。
現代人はカロリーオーバーになっている。食べ過ぎなのだ。
メタボ検診も当たり前になった。

著者は、日本人にあったかカロリー制限生活術を紹介している。

①低GI食品をえらぶ    米で言えば白米より玄米
②たくさんの色ものを食べる。
③食事を楽しむ。
④食欲を騙す。
⑤空腹感を鎮める。
⑥お酒は薬になる程度
⑦日常的な「動き」を増やす。
⑧擬似的なカロリー制限
⑨アンチ・エイジングドッグのすすめ

慣れてくれば意外に楽しくやれるかもしれない。
長寿で人生を謳歌できればこれほどいいことはない。

長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ [単行本]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

死因不明社会  海堂 尊  講談社

(ミスターSです)


日本における年間の死亡者は約100万人強。
解剖率は2パーセント台である。
98パーセントの死者は、厳密な医学検索を行わないまま死亡診断書
交付されている。

変死者は15万人を占める。
司法解剖行政解剖が行われたのは9パーセントに過ぎない。
13万人強の変死者が死因の究明もされずに、火葬にされている。

ある本によれば、先進国では変死者の半数は自殺と見なしているという。
日本では7万5千人が該当する。

「死亡時医学検索」が行われていない社会は恐ろしい事態に直面する。
医療崩壊」と「治安破壊」である。
特に怖いのは「犯罪者天国」「殺人者天国」の出現である。

解剖されない13万5千人の中に、相当数の殺人被害者がいると推測できる。
しかし、解剖で死因が究明されていない以上、誰にも分からない。
薄ら笑いを浮かべている殺人者がいるに違いない。


監察医制度というものがある。東京には東京都監察医務院がある。
東京を含めわずか五都市のみに設置されているだけである。
広く設置されていないのは、行政の不作為による罪だと著者は断言している。

では、どうすれば「死因不明社会」から脱出する処方箋はないのか。

著者は、特効薬を処方する。
Aiエーアイ)】(オートプシー・イメージング)
である。
2000年に提唱された医学検査概念のことで、
一言で言えば「死体に対する画像診断」のことだ。

死亡時にCTやMRIを用いて死亡時画像を撮影する。
解剖がされていない現在では、死亡時医学情報の切り札となるという。

著者は「Aiセンター」の設立を提唱している。
がんセンター循環器病センター等があるのに「Aiセンター」がないのはおかしい。
2007年に初めて千葉大医学部に設置されたのは革命的なことだと評価している。

「死因を特定する社会」の仕組みが社会のあらゆる分野へもたらす効果は
極めて大きい。全国規模で早急に確立して欲しい。

死因不明社会 (ブルーバックス) [新書]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

なぜうつ病の人が増えたのか  高橋辰一郎    幻灯舎新書

(ミスターSです)

うつ病」が身近になっている。私の勤務している会社でも、「うつ病」が原因で
休職している人が多くなっている。
一般の週刊誌、健康雑誌等のメディアにも頻繁に取り上げられている。

社員の体の健康だけではなく、メンタルヘルスケアも重要になっている。
著者は産業領域のメンタルヘルスを専門にしている精神科医である。
心の病」で困っている社員の相談相手である。

著者は、あるとき重要なことに気づく。

日本では、1999年から6年間で、病院に通院する「うつ病患者」が2倍に増えた。
一般に、うつ病患者の増加は労働者を取り巻く社会環境の変化で説明されている。
経済の停滞、雇用の減少、非正規社員の増加、グローバル、競争の激、ITの急速な進展等である。

著者の答えは「NO」である。

うつ病患者が急増し始めた1999年に新薬発売された。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻止薬)という薬だ。
6年間で患者が2倍になった。薬の売上は5倍になった。
SSRIは薬価が高いからだ。

ビジネス感覚がある読者にはピンとくるだろう。
製薬会社経営戦略が「うつ病患者の増加」と密接な関係にあることを見抜ける。
「うつ病患者数」と「メンタル休職者数」と「薬の売上」の三位一体の構図である。

製薬会社による「うつ病の啓発」キャンペーンも盛んになってきた。
『うつ病は薬でよくなる』『自分で悩まず医療機関に相談しよう』

薬価が高いSSRIはドル箱だ。「うつ病患者」の増加は収益の増加となる。
一人でも多くの「うつ病患者」を作ることが戦略になる。
製薬会社は医師の「囲い込み」にも攻勢をかける。

一番困るのは、患者である。
医師の判断に逆らうことはできない。
与えられた薬を服用するしかない。

人間誰しも「うつ状態」になることはある。
しかし、すべてが病気ではない。ある意味、生きている証拠である。

軽症のうつ病には坑うつ薬は効果がないそうだ。
それにもかかわらず、SSRIを処方している現実がある。
被害者は患者である。

本書は2009年6月に発行されている。
この一年間の変化はわからないが、著者のような勇気と見識を持つ
医師の登場を願いたい。

なぜうつ病の人が増えたのか [単行本]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

百寿力   白澤卓二  東京新聞出版局  

(ミスターSです)

100歳を過ぎても元気な人々がいる。
70歳でエベレストに登頂し、75歳で二度目の登頂を果たした
プロスキーヤーの三浦雄一郎

父親の三浦敬三氏は100歳を超えても現役のスキーヤーであった。
102歳で亡くなった。

百歳の現役医師の日野原さんも有名だ。芸術家にも多い。
普通の人間とはどこが違うのだろうか。

101歳で亡くなったアメリカ修道女

死後解剖をしたが、脳は萎縮し、アルツハイマー状態であった。
しかし、認知症等の症状は全くなかったという。
頭を使い続けることで認知症の症状が出なかったのだ。

二つ前の書評で紹介した『脳は奇跡を起こす』の事例のように
脳卒中を起こしても奇跡的に回復する場合も多い。
脳の神経細胞は、とてつもない潜在力を秘めている。

長寿の研究で、2003年に長寿遺伝子「Sir 2]が発見された。
長寿遺伝子は誰でもが持っている。

しかし、スイッチがオンになっていない人がほとんどだ。
スイッチをオンにするためには「カロリー制限」が必要だという。
軽い運動も長寿遺伝子を活性化する。

長寿者の特徴は
・常にポジティブシンキングをしている。これが神経細胞をどんどん新しく生み出している。
・刺激の多い豊かな環境の中で、頭を使い続けている。
・強い足腰
・適正体重
・運動の継続

長寿のためのトレーニングを紹介している・
・好奇心を失わず、脳に刺激を与え続ければ脳は老化しない。
 趣味 人との交流が大事
・筋肉を鍛える。
腹式呼吸
・粗食はしない。

要はバランスが重要である。

本書は、百寿者の研究を通して、「より良く生きる知恵」を教えてくれる。
人間は、我々が思う以上に、タフで巨大な潜在能力を秘めている。

遺伝子を「オン」にするのも「オフ」のままにするのも自分次第である。
「心と体」の使い方がポイントである。

百寿力 長寿遺伝子のミラクル



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

脳は奇跡を起こす  ノーマン・ドイジ  講談社

(ミスターSです)

人間の体は不思議だ。とりわけ脳は謎に満ちている。
科学は進歩はしているが、より真実に近づいているかどうかは分からない。

今まで、脳について支持されている学説がある。
「脳は、多くの部品や配線からなる複雑な機械で、その部品の一つ一つが
特定の精神機能を担っており、遺伝的に固定化された機能を受け持っている。
変わる余地はない」

本書には、これを覆す事例がたくさんある。
平衡感覚を失って、ひっきりなしに転ぶ女性が回復した例、
重度の脳卒中から回復した例などである。

人の脳は変化し、自らを再編成することができる。
可塑性」という革命的な発見を事例を交えて解説しているのが本書である。

「可塑的」とは「変化できる。柔軟な、修正できる」という意味である。
宿命的な機械論と対立する概念だ。

脳は自ら「脳マップ」を塗り替えることができる。

人には想像力がある。想像することで脳が解剖学的に変化する。
心的な訓練でも同様の結果が得られる。。
CTスキャンで確認できるそうだ。

「可塑性」は人に勇気と希望を与えてくれる。
脳が「致命的な損傷」を受けても、正常な部分が脳全体の総力を挙げて補完する。
正常な人には無限の可能性があることを示唆している。

しかし、これらは自然にはやってこない。
解説で脳科学者茂木氏が言っているが、必要なのは
よりよく生きようとする「意欲」なのである。

脳は奇跡を起こす [単行本]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌

悪魔のささやき  加賀乙彦  集英社新書

(ミスターSです)


『あの時は、悪魔がささやいたんです』
『どうしてあんなことをしたのか。自分でも分からない。
なんだか自分ではない者の意思によって動かされていたような気がする。
本当に、悪魔にささやかれたとしか思えません』

著者は職業柄(精神科医、作家)幾度となく耳にした。
冒頭の語りである。
犯した罪の刑を軽くしようとする言い逃れではない。


殺人犯のような凶悪犯でなくとも、誰もが経験している。
他人に向かえば犯罪になることもあるが、自分への激しい後悔になることもある。

「悪魔のささやき」は人間を破滅に追いやる。
自分が自分自身への殺人者になる「自殺」
心弱った人間の背中を「ポンと押す」
年間3万人以上の人間が「悪魔のささやき」の犠牲になっている。

ある人が言った。人には一日に6万個の想念が沸いてくるという。
目が覚めてから自分の心に注意を向けると分かる。
想念が浮かんでこない時は一瞬たりともない。

プラスの想念」もあれば「マイナスの想念」もある。
複雑な人間関係の中で生きる現代人は、対人関係の「悪い想念」に
とらわれている人も多い。
「悪魔のささやき」がチャンスを狙っている。


日本人は「悪魔のささやき」に弱いという。
「和」を重んじ「個」が育っていないからだ。
農耕文化の中で生まれた「和の精神」と、そこから生まれた
「自分の頭で考えるのが苦手」と言う日本人。

徳川幕府300年の統治ですっかり出来上がってしまった。

いかにして悪魔のささやきを避けるか。

悪魔につけ込まれない本物の「知」を育てることだ。
視界を360度に広げ、想像力を鍛え上げることだ。
悪魔は「人間の無知」に付け込む。
自分の頭で考え、深い思考を習慣化することが自分の身を守る。

悪魔がささやいたら、立ち止まって深呼吸をして、冷静に「観察する」ことだ。

悪魔のささやき (集英社新書) [新書]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌


地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

ミスターS

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示