ミスターSの本棚


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済学的思考のすすめ   岩田規久男  筑摩選書

(ミスターSです)

シロウト経済学は花盛り。

書店には経済学の専門家ではないシロウト経済学者、にわか経済学者の書いた本で並んでいる。
なるほど現在日本の問題点を指摘し、経済の処方箋を展開している。

シロウトからみると「なるほどな」と思う指摘も多い。斬る姿は小気味いい。
しかし、そんな簡単なものだろうかとの疑問もわく。

著者の岩田氏は経済学の専門家である。
「シロウト経済学」の代表として辛坊治朗・辛坊正記『日本経済の真実-ある日この国は破産します』
(幻灯舎)を取り上げている。
経済学の専門家からみた間違いを指摘しているのが本書である。

辛坊治朗氏は日本テレビの解説委員長であり、ニュースキャスターとしてテレビの露出も多い。
「シロウト経済学者」が世論を誘導すると思うと恐ろしい。

著者の経済学的思考法は「演繹法」にある。
演繹法とは「AであればBである」と言う論理的推論である。
仮定が正しく推論が間違っていなければ結論は正しく導かれる。

それに対して「帰納法」がある。
帰納法は同じことが何回も起きることから結論を導くのであり、必ずしも真ではない。
つまり、数多い経済現象から結論を導くのだ。
「シロウト経済学」がよりどころにする思考法であるが、間違いの原因でもあるという。

「日本国の借金」について辛坊本の見解についても反論する。
日本の借金を、所得がないため。借金の返済のあてのない家計にたとえて議論している。

しかし、このたとえ話では、家計の借金は借金した家計が返済しなければならないが、
国の借金は借金した国が返済するのではなく国が国民から税金を取って返済すると言う点で、
家計の借金とは異なると指摘する。

もさらに、辛坊本はユニクロのような企業は日本経済にとって大きな問題だという。
ユニクロが海外で安く生産して日本で売りさばくことを「経済学的に」問題視している。
辛坊氏は経済の仕組みさえを理解していないことをさらしている。

国債累積は国債の暴落を招くかの問いに対し著者はいう。

日本の名目成長率が4%まで上昇すると、国債の名目金利も4%近くまで上昇すると考えられる。
これは国債価格が18%下落することを意味している。

5%の成長で23%も下落する。
この程度の下落は暴落とは言わない。

日本がデフレから脱却して主要国並の4~5%の名目成長率になれば日本が破綻することになってしまう。
むしろ事態はまったく別で、日本経済はようやく暗い闇から脱出できるレベルになる。

「シロウト経済学」は簡単明瞭だ。しかも説得力があるように見えて一般受けもする。
しかし、大きな誤りも内在している。
経済学的思考法の大切さを教えてくれる本である。


cau1books_9784480015129[1]

加害者家族  鈴木伸元  幻冬舎新書

(ミスターSです)

「なぜ被害者より加害者を助けるのか」
以前書評を書いた本である。

日本の法律(憲法、刑事訴訟法)は加害者の人権を保護している。
一方、被害者の人権は踏みにじられるという」理不尽が罷り通っていることを訴えた本である。

一転、本書は「犯罪加害者」を取り上げた本だ。とりわけ「犯罪者の家族」にスポットを当てている。

犯罪被害者の直面する「理不尽極まりない現実」と同様「犯罪加害者が直面する「世間の仕打ち」も
あまり知られていない。
犯罪被害者も加害者も当事者しか分からない苦悩があることを教えてくれる。

突然かかってきた警察からの電話から話が始まる。
自分の夫が殺人を犯したのだ。

マスコミで報道される。自宅を取り巻くテレビ局の報道車。
マスコミの取材で近所には大変な迷惑がかかり、住民は怒り狂う。

妻の携帯電話にいたずら電話が頻繁にかかる『人殺し!!』
自宅の壁にはスプレーで『人殺しの家』と書きなぐられる。

子供は転向を余儀なくされる。
犯罪を犯したのは夫であるが、妻も子供も親類も同罪にみられ仕打ちを受ける。
これが実体である。

昨今ではインターネットでの攻撃もエスカレートしている。
本書には犯罪加害者の事例が多く取り上げられている。
自殺に追いやられた加害者家族も多い。

これらの背景には日本特有の「村社会」があるとの指摘もある。
アメリカ社会での加害者家族の実態はどうか。

高校での銃乱射事件があった際、加害者の実名や写真が報道された。
加害者の母親にはアメリカ全土から手紙や電話が殺到したと。

その中身は加害者少年の家族を励ますものばかりであったという。
日本社会とは正反対の反応である。

社会で起きる犯罪に対しては、さまざまな方面から学問的な研究がされている。
誰もが犯罪被害者になる可能性があり、同時に犯罪者や犯罪加害者家族に
なる可能性がないとは言えない。

著者が「あとがき」で次のように言っている。
加害者家族が辿ることになる悲劇は、そもそもすべて加害者が
引き起こした犯罪が原因である。

事件後、自分の家族に降りかかるであろうさまざまな苦しみを想像することが
できれば、その人は犯罪を犯さずにとどまるかもしれない。

cau1books_9784344981942[1]



会計力養成講座   田中 靖浩   かんき出版

(ミスターSです)


「会計」は数字の塊である。
数字アレルギーのひとも多い。

しかし、企業の業績はすべて数字で示される。
損益計算書(P/L),貸借対照法(B/S)、キャッシュフロー計算書がある。
これらを理解するために会計学の教科書で勉強してもなかなか身につかない。

会計学を志す学生はともかく、一般のビジネスパーソンには向いていない。
数字の羅列にうんざりして興味を失う結果になる。

著者は本書のはじめに『なぜ経理は会社で嫌われるのか?』で
その理由を指摘している。

数字の勉強には「作る・読む・活かす」という3つがある。
決算書を作るのが経理の仕事だ。

経理以外の一般的なビジネスパーソンにとって、学ぶべきは「作る」ではなく
「読む・活かす」この2つをマスターすることが大事だといっている。

数字を作るうえでは「経理は数字に強い」といえるが、数字を読む・活かす点では強いとはいえない。
経理的な数字の強さと、経営者的な数字の強さは別モノである

経理や会計士・税理士は「過去」を処理する技術屋で、経営者は未来を開く人である。
ここに数字の見方の根本的な違いがある。


それでは、どうしたら会社の数字に明るくなることができるだろうか?
数字を読む上で大切なのは「知識」と「想像力」であるという。

回転寿司の「かっぱ寿司」やコーヒーショップの「スターバックス」の
原価はどれくらいだろうか?
「サイゼリア」の料理も安いが、原価率はいくらだろうか?
「ドリンクバー」は儲かるのか?

この会社はどのくらい借金があるのか?またどのくらいの蓄えがあるのか?
また、同業他社と比べて何が優れているのだろうか?
積極的に設備投資をしているか?などすべてが決算書に記されている。

決算書の仕組みを知り理解すること(知識)と疑問と仮説(想像力)がポイントである。

「問題意識」と「想像力」をもって決算書を眺めると無味乾燥と思っていた数字が実に楽しいものになる。
経営者マインドから眺めた数字になる。管理会計のおもしろさである。


image[3]


脳トレ神話にだまされるな  高田明和  角川書店

(ミスターSです)


『最近物忘れが激しくなった』
思い当たる人は多いいと思う。

年を重ねれば、若いときと違って記憶力は低下する。
若年性のアルツハイマー病を特集したテレビ番組も多くなった。

記憶力の低下に恐怖を抱くようになる。
そこで何とか記憶力、脳の働きを良くする方法はないかと思う。

『脳の働き』を取り上げたテレビ番組も多くなった。
いわゆる『脳トレブーム』が始まった。
脳科学者が、脳の働きに関する実験をする。

PET(陽電子断層撮影法)やMRI(核磁気共鳴画像)で脳の働きを
画像で調べられるようになった。

被験者がある作業をすると、脳の一部の血流が増大することも容易 T
に分かるようになる。

視聴者は、この部位が活性化されて脳が良くなったと思ってしまう。
しかし、著者は異を唱える。

脳は活性化しているわけではなく、脳がブドウ糖を取り込んでいるに過ぎない。
英語が出来ない人が必死に英語を学ぼうとすると脳の言語中枢の活動は活発になる。
しかし、英語が良くできるようになると脳の”活動”は低下する。

「MRIでの変化」と「脳の活性化」とは関係がないという。
これが「脳トレブーム」.の落とし穴でもある。

また、著者はこのようなことも言っている。
脳トレは老いの摂理に反している。
忘れることは悪いことではない。
人生、いやな思い出も多い。忘れることも生きる知恵である。

右脳、左脳についても言及している。

右脳を訓練して社会的に成功するのどまったく根拠がないそうだ。
それどころか、うつ病と右脳の活動亢進は密接な関係があるという。
一般的に言われている右脳人間、左脳人間などにわける危険性を指摘する。

我々は、頭を鍛えるには何をしたら良いのだろうか。

本当の脳トレは毎日の日常生活にあるという。
わざわざ「脳トレ」をする必要などない。
著者は脳を鍛えるための三つの習慣を勧めている。

1、運動
2、刺激のある環境で生活をする。
3、頭を使うこと。

また、正しい呼吸も脳の活性化を促進する。

うれしいことに脳細胞は高齢になっても増えることは明らかになっている。

本書には高齢化社会を生きる知恵がたくさんある。

cau1books_9784047101890[1]


高学歴ワーキングプア  水月昭道  光文社新書

(ミスターSです)


副題は「フリーター生産工場」としての大学院

次の実態を見てどう思われるだろうか。

現在、大学院博士課程を修了した人の就職率は50%
「博士」と呼ばれる人たちで正規雇用にない人(フリーター)の数は12000人以上。
その数倍の規模で存在するオーバードクター(博士課程に3年以上在籍し、博士号を得てない人)

いわば日本の学歴社会の頂点を極めた人たちの姿である。

なぜこんな事態が起きているのか。

文部科学省の主導によって「大学院重点化計画」が平成3年にスタートした。
平成3年は日本社会に「少子化」の兆しがはっきり見え始めたときである。

18歳人口の急激な縮小という経験したことのないメガトレンドに直面した。
需要と供給のギャップが拡大したのだから当然の結果である。

コンンビニで働く博士たちのレポートも生々しい。
塾講師、非常勤講師、肉体労働、ウエイトレス、パチプロになっている人も多い。
博士号もとれずに大学院で勉学を続けている人もざらにいるという。

学生の問題だけではない。
大学とそこで働く先生の実態も明らかにしている。

では大学院は無用の長物か。

大学院生は長い年月と莫大なお金を費やしている。
就職したくないから漠然と大学院に進んだ人には現実は厳しいだろう。

しかし、明確な研究目的を心に刻んで勉学に励む人には道は開けると思う。
これからの社会は高度な知識を必要としている。
これに応えるのが博士であって欲しい。


7ns_31963465[1]

なぜ韓国はパチンコを全廃できたのか   若宮 健 祥伝社

(ミスターSです)


韓国は2008年に8月にパチンコが禁止されている。
禁止されるまでは許可を受けた店だけで15000軒はあったという。

隣国の日本では一切報道されていない。
私も本書で初めて知った。

パチンコ禁止の理由は何か。

パチンコによる依存症の危険を認識してのことだという。
「パチンコ依存症」が原因の犯罪、事故は跡を絶たない。
日本のメディアも報道している。韓国も同じ状況だった。

いまや、パチンコのターゲットは年金生活者と主婦になっている。
家族を巻き込んでの悲劇が多発している。

民主党政権の目玉施策である『こども手当』もパチンコで使われていること
も多いといわれている。

では、なぜ日本ではパチンコを禁止できないのか。

日本でもパチンコ禁止の動きがあった。
2009年、換金禁止の法案が国会請願され、現在でも続いている。
一方ではパチンコを擁護する業界側の政治家も多い。

「パチンコチェーンストア協会」という団体がある。
民主党34名、自民党11名、公明党3名無所属1名がアドバイザーに名を連ねている。
民主党は「パチンコ支援プロジェクト」まで立ち上げている。

国会は立法府である。立法府の国会議員がこの様である。
献金に目がくらむのである。かくしてパチンコ禁止は闇に葬られる。

更に、避けて通れないものに警察官僚の天下りがある。
パチンコ業界の関連団体に、元警視総監をはじめ警察OBの就職先になっている。
パチンコ経営者も警察から睨まれたら商売はできない。
警察の協力が必要だ。双方の利害が一致するわけだ。

本書はパチンコ業界にメスを入れることによって、日本社会の闇を明らかにしている。

cau1books_9784396112264[1]



希望の免疫学   安保 徹   花伝社

(ミスターSです)

副題は「免疫力でガンと戦う」

自分がガンになったとしよう。
病院で受ける治療は決まっている。
手術・抗がん剤・放射線の3点セットである。
今ではガン治療の常識になっている。

しかし、この治療には大きな副作用がある。

副作用で命をなくした患者は、数知れない。
健康な人間でも1日で何千個ものガン裁縫が生まれていることは知られている。
だからといって、皆がガンになるわけではない。

人間には「免疫力」が備わっているからである。
ナチュラル・キラー細胞があってがん細胞を食べてしまうのだ。

現代社会に住む我々の環境を考えてみよう。

ストレスに溢れている。
環境・人間関係・職場・家庭等でとても大きなストレスを抱えている人は多い。
「自分は大きなストレスに直面している」と感じるのはまだいいほうで
大きなストレス下にあるにもかかわらず、麻痺している人も多い。

ストレスは万病の元、ガンの原因である。

我々には、自律神経が備わっている。
交感神経と副交感神経である。
ストレスはこのバランスを破壊してしまう。

バランスを崩す原因は主に「働き過ぎ」と「頑張り過ぎ」にあると断言している。
安保先生は人間の身体と心の接点は「自律神経と免疫力」であるという。

健康になるためには、からだ全体をたばねるシステムを学べ必要がある。
そのキーワードが、自律神経、白血球、体温、エネルギー生成系である。

長年、医学に携わり、現代医学を豊富な臨床から批判する姿は説得力がある。
薬漬け、検査漬けの医療から見えてこない人間の「命の働き」に立脚した
人間的な医療が見えてくる。


cau1books_9784763405593[1]

# 希望の免疫学   安保 徹   花伝社


なぜ女と経営者は占いが好きか   副島隆彦  幻灯舎新書

(ミスターSです)


副島氏の著書は、本屋の政治経済コーナー、ビジネスコーナーでは必ず平積みで置かれている。
それも複数の著作である。本屋にとっても売れ筋であろう。
日米経済を初めとして、鋭い視点からの世界経済の分析は読者をうならせる。

その副島氏が「占い」についての本を書いた。
データに基づいた鋭い経済分析と「占い」は、どうも結びつかない。
違和感を覚える読者も多いいことだろう。

副島氏は、勉強秀才だったことだけが取り柄の官僚(高級役人)
医者、弁護士、国家試験狙い人間、大企業サラリーマンが大嫌いだと言い切っている。

彼らに経営も才能などない。組織内で自分の出世だけを考えている。
近未来のこと、これから先のことなど関心がないから「占い」にも関心がない。

一方、創業者、実業家は学校秀才ではない。
事業を発展させるためには、近未来予測が重要になる。当然「占い」に関心が向く。
女性も同じである。未来を見ている。過去にしがみつくのは男である。

占い学の王道「四柱推命と九星術」の解説を読めば、副島氏の学識が分かる。
「陰陽五行」の理論は、占いの基礎だけではなく、現代のテクノロジーの基礎理論でもある。
陰陽を数字で言い換えれば、0と1である、コンピュータの原理である。

更に、副島氏は、日本人の魂のルーツを探求する。

そこで発見したのは修験道である。
修験道こそが日本古来の教えであると結論付ける。

結論までの思索の過程は興味深い。
仏教でもない、神道でもない。

修験道について、Wikipediaにはこうか書かれている。
山へ籠もって厳しい修行を行う事により、悟りを得る事を目的とする日本古来の山岳信仰が
仏教に取り入れられた日本独特の混淆宗教である。修験道の実践者を修験者または山伏という。

副島氏は、修験道の総本山、和歌山県の熊野を訪れ体験する。

本書は「占い」だけを論じてはいない。
副島氏の宗教観、日本民族の歴史、文化、世界の宗教、文化が背景にある。
独自のスピリッチュアルワールドを垣間見ることができる。

cau1books_9784344982079[1]



メディア・バイアス      松永和紀   光文社新書

(ミスターSです)

副題ーあやしい健康情報ニセ科学

かつて『あるある大事典』というテレビ番組があった。
納豆ダイエット」という捏造報道がきっかけで打ち切りになったことは記憶に新しい。
テレビ局は平気でウソの報道をしていたのだ。

とかく「体にいい食品、体に悪い食品」に関する報道には敏感である。

タマネギ血糖値を下げる」という論文が発表された。
これは間違ってはいないが「血糖値を下げる」ためには毎日50キロのタマネギを食べ続ける
ことが必要になる。実際には不可能である。

これは健康食品報道の典型を示している。
どちらか一方の情報だけが独り歩きする。

一方有害物質報道も似たような報道がされる。
確かに有害だが、人体に害を及ぼさない程度の有害もある。
人体には許容量というものがある。

マスコミは世論に迎合しやすい。
正確な報道よりもセンセーショナルな報道をする。
事実が曲げられてしまうのだ。
まさにバイアスがかかってしまう。

化学物質過敏症」についての実験を紹介している。
二重盲検法によって実験したところ真性と見られる患者は
9人中1人だったそうだ。

読み進むにつれて著者自身も誤りに陥っているなと思うところがある。

水からの伝言」の著者江本氏を批判しているくだりがある。
水が人間の心を反映するという実験である。

批判をするのは勝手だが、著者自らは実験をしていない。
簡単な実験だからしたうえで批判すべきである。

更に、遺伝子組換食品騒動を批判している。、
現在は問題ないから安全だとは言えない。
次の世代以降に悪影響が出ることが指摘されている。


我々素人は、すべてを知ることはできない。
マスコミは冷静に報道して欲しい。曲がった世論は作らないで欲しい。
最終的には判断するのは我々である。

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 (光文社新書) [新書]



テーマ:今日の一冊 - ジャンル:本・雑誌


地球の名言


presented by 地球の名言

スポンサード リンク

                     

プロフィール

Author:ミスターS
このブログはミスターSと、その仲間で読んだ本の所感等を書いています。私ことミスターSはフォトリーディングという特技で、1年間に365冊以上の本を読むようにしてます。このブログを読んで、気になった本があったら、ぜひ読んでみてください。

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

アクセスカウンター

最新コメント
QRコード

QR

月別アーカイブ
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。